日本サーファクタント工業株式会社

NIKKOL GROUP

english

私たちの強み

ホーム > 私たちの強み > グローバルな品質保証体制

グローバルな品質保証体制

日本で初となるEFfCI GMPを取得しました!

2013年2月、日本で初めてヨーロッパの化粧品原料基準である「EFfCI GMP」を取得しました。
また、2013年12月には「EFfCI GMP」と「ISO9001:2008」の維持審査を受診し、いずれも要求事項に適合しております。
「EFfCI GMP」を取得したことにより、「ISO9001:2008」ではカバーしきれない衛生管理の項目などが強化され、一歩進んだ品質管理システムを構築することができました。今後も、お客様へ安定して品質の高い製品を供給するため、品質管理システムのさらなる向上に取り組んでまいります。

SGSマーク

「EFfCI GMP」とは

この基準は、ベルギー、ブリュッセルに本部を置くEFfCI(European Federation for Cosmetic Ingredients 欧州化粧品原料連合会)が策定した化粧品原料に特化したGMP※で、策定に際してはIPEC-POG(医薬品添加物国際協議会-医薬品品質グループ)による「医薬品添加剤に関するGMP指針」を基盤として参照し、ISO9001:2008の枠組みを採用しているが、ISOではカバーしきれない要件をGMP要求事項として含むなど、厳格な規範として知られています。
※GMP(Good Manufacturing Practice)とは、原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において製品が「安全」に作られ「一定の品質」が保たれるように 定められた規則とシステムです。